政策

生命と食

種子法が廃止され、種苗法・漁業法が改悪され、水道が民営化できるように法律が変更されました。これで私たちが生きる為に必要な、水・食べ物・エネルギー・医療・金融の全てがグローバル企業に牛耳られることになります。更にマイナンバーとRFIDチップが埋め込まれれば、私たちが家畜化されロボットと同じになってしまいます。岩手県の町では、水道料金が値上げされ裁判になりました。民営化されると、塩素だけでなくフッ素も混入される可能性が出てきます。食料もF1か遺伝子組み換え食品だけになってしまうのでしょうか。世界一高いエネルギーを買わされ、嘘で塗り固められた医療と、借金奴隷制度の金融で騙され続けていることに気付いている人はごく少数です。

滞在型観光に

函館市観光サイトは2008年から13ヵ国語対応し、病人に対しては24時間8ヵ国語対応です。釧路市観光サイトは2008年は6ヵ国語対応だったのですが、現在は11ヵ国語対応です。旭川市は市役所のWebで現状の旭川を4ヵ国語で見られるだけで、買物公園等の観光サイトは日本語だけしか対応していません。殆どの外国人がスマホを持って来日しても、旭川では何の役にも立たないのです。こんな状態だから、他の市町村と比べ観光客が増加率が低く、旭山動物園だけ頼りにした通過型観光では、街の活性化には繋がらないのです。周囲の町村と連携して滞在型観光にシフトすることができれば、宿泊施設だけでなく飲食店やお土産関係の活性化にも繋がり、働く場所が増えることにより人口減少が抑えられると思います。

一期入魂

 一期4年で何も結果を出せないのでは、何期やっても「やるやる詐欺」になってしまいます。私は一期だけ全力でやるつもりでいます。4年後にはっきりとした結果を出せなければ、次の選挙には立候補しません。もちろん、お金や票につられ、考えを変えたり媚びることはしません。旭川市民の為に、議会では本音で発言するつもりです。今まで何度も何度も市議会を傍聴しましたが、市民のことを考えて本音で討議しているとは思えませんでした。

 千葉県いすみ市では、3年前から学校給食に有機栽培米を使うようになりました。医食同源との言葉があるように、自然な食品は美味しく、健康で生活できる基本になります。EU等で禁止したネオニコチノイド系農薬は、日本では今でも自由に使われています。同じく禁止された除草剤の成分グリホサートは、基準が400倍も緩和されました。ロシアではテロ扱いで、殆どの国で禁止した遺伝子組み換え食品は、日本だけ急速に輸入量が増加しています。この国の政府は、国民を病気にして殺し、移民法と併せて民族浄化をするつもりでしょうか。地方分権一括法(475法案の総称)により、農薬等の使用をEU等と同等程度にして市民の健康を支え、他の地域から多くの買い物客を集め、11の提案と併せて街の活性化に繋げて行けると確信します。

PAGE TOP